Facebook Twitter Instagram

LIFE

2024.3.12

【美術好き必見】イタリア・ローマでアート鑑賞が楽しめる教会5選!

イタリア・ローマは市内にバチカン市国があり、カトリックと深く結びついた街です。ローマといえば古代遺跡やスペイン広場など有名な観光地が多くありますが、教皇のおひざ元の豪華絢爛な教会美術も見逃せません。

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂、ローマ, Public domain, via Wikimedia Commons

この記事では、ローマの大学院で美術史を研究する筆者が、あまり知られていないローマの歴史・美術的に重要な教会を紹介します。

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂、ローマ, Public domain, via Wikimedia Commons

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂は、ローマ四大バシリカの1つです。ローマの中心にあるテルミニ駅から徒歩5分程度にあります。その名のとおり、聖母マリア(サンタ・マリア)に捧げられた教会です。


伝説では紀元後325年、8月5日の夜に聖母マリアのお告げにより雪が降ったと言われます。真夏の雪の不思議な夜に、信仰深い夫婦のもとに聖母マリアが姿を現し、教会を建てるよう命じました。


サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の堂々としたファサードは、広場を通り抜けるすべての人の目を惹きます。内観は外観以上に見どころが多く、初期中世(5世紀)のオリジナルのモザイクに後期中世やバロックなど後世の改修が組み合わさり、唯一無二の荘厳さを誇っています。

サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会

サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会, Public domain, via Wikimedia Commons

サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会は、パンテオンから歩いてすぐのところにある教会です。立派な外観ですが、周辺の建物の豪華なので気にせず歩いていると見逃してしまうかもしれません。


サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会は、ローマにありながらフランスが管理している特殊な教会です。教会の目玉は、なんといってもカラヴァッジョの3部作「聖マタイ」です。


教会を入り正面に向かって左奥に進むと、カラヴァッジョが残した3つの大作「聖マタイの招集」「聖マタイと天使」「聖マタイ」の殉教があるコンタレッリ礼拝堂が見つかります。ローマで無料で見られるカラヴァッジョ作品として、連日多くの観光客が訪れる隠れた人気スポットです。

ジェズ教会

ジェズ教会、ローマ, Public domain, via Wikimedia Commons

ジェズ教会は、日本ともかかわりが深いイエズス会のもっとも重要な教会です。ヴェネツィア広場とナヴォーナ広場を結ぶ道中にあり、徒歩で観光する人には訪れやすい立地です。


ジェズ教会の天井画は、バロック期の「だまし絵」の技術を最大限に活かしています。実際にスタッコ(化粧しっくい)で作られた彫刻なのか、天上に立体的に描かれた絵画なのか、目を凝らしてみなければ判断が難しいことも。


全体的な建築はローマ・バロックの好例で、それまで一般的だった多廊式の教会に比べると建築内の一体感が特徴です。対抗宗教改革の時代にカトリックの威厳を復活・維持するための実用的な目的がありました。

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ大聖堂

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ大聖堂、ローマ, Public domain, via Wikimedia Commons

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ大聖堂は、おいしいレストランやにぎやかなバルが集まるトラステヴェレエリアにある大聖堂です。大聖堂の正面右側には鐘楼があり、歴史ある趣を感じさせます。

実際サンタ・マリア・イン・トラステヴェレの歴史は古く、4世紀に建設されました。トラステヴェレは古代ローマの時代には貧困層が住むエリアだったこともあり、初期の建築は民家を簡単に信仰の場に応用しただけだったようです。


現在の教会の基盤が作られたのは12世紀であり、教会内部のモザイク画は同時代に作成されました。荘厳なモザイクはローマのなかでも最大規模であり、聖書の物語や使徒の姿が描かれています。

サン・クレメンテ大聖堂

サン・クレメンテ大聖堂、ローマ, Public domain, via Wikimedia Commons

サン・クレメンテ大聖堂は、コロッセオから徒歩8分程度の場所にある歴史ある教会です。最初の教会は、ローマの富裕層の邸宅の上に4世紀に建てられ、その後11世紀の改修によって現在の教会の基礎が築かれました。


サン・クレメンテはこのように、「(1)古代ローマの邸宅(2)初期教会(3)新教会」という3つの階層を現在も見ることができる貴重な例です。階層構造はローマの古い教会に珍しいことではありませんが、すべての階層を訪れることができる点においてもサン・クレメンテ大聖堂は特別です。

中世ローマでは地表の上昇がおこったと言われ、初期に建築された教会は半分ほど地中に埋まった状態になっていました。なんと11世紀の改修は大胆にも初期教会を横半分に切り、実際の地表の高さに合わせて上から教会を建てる荒療治!サン・クレメンテ大聖堂の地下では、初期教会のフレスコ画が天上で途切れている様子を見ることができます。


ここに紹介しきれないほどローマにはまだたくさんの魅力的な教会があります。紹介した5つはローマの中心地にあり訪れやすいので、観光の際はぜひ立ち寄ってみてください。以上、ローマのおすすめ教会5選でした。

【写真6枚】【美術好き必見】イタリア・ローマでアート鑑賞が楽しめる教会5選! を詳しく見る
はな

はな

イタリア・ローマの大学の美術史修士課程に在籍中。3年半勤めた日系メーカーを退職後、2019年から2年半のスペイン生活を経てフリーライター、日英・日西翻訳として活動するかたわら、スペイン語話者を対象に日本語を教えています。趣味は読書、一人旅、美術館・教会巡り、料理。

イタリア・ローマの大学の美術史修士課程に在籍中。3年半勤めた日系メーカーを退職後、2019年から2年半のスペイン生活を経てフリーライター、日英・日西翻訳として活動するかたわら、スペイン語話者を対象に日本語を教えています。趣味は読書、一人旅、美術館・教会巡り、料理。

はなさんの記事一覧はこちら