Facebook X Instagram Youtube

NEWS

2023.4.25

【日本初】バンクシーのドキュメンタリー映画が2023.5.19(金)に公開!

正体不明の覆面グラフティアーティスト・バンクシー。世界各地で突如出現するメッセージ性の強い作品は、世界に影響を与え続けています。そんなバンクシーの実績に基づいて制作されたドキュメンタリー映画『バンクシー 抗うものたちのアート革命』が公開されます。

作品概要

世界のグラフティアートで最も有名なアーティスト、バンクシー。本作では、そんなバンクシーの作品が世の人々に与えるムーブメントの秘話が映し出されます。政治や社会への挑戦的かつ大胆な活動は、社会を激怒させながらも、20年近く人々を魅了してきました。少年時代のバンクシーを知るジョン・ネーションやバンクシーとともに活動したアーティスト達への豊富なインタビューからバンクシーの未知なる素顔に迫ります・・・!

日本の影響を受けたサウンドトラックにも注目!

脚本家、監督、プロデューサーをつとめるのは、厳格なドキュメンタリー映画で高い評価を得ているエリオ・エスパーニャ。エスパーニャ監督は映画のサウンドトラックについて、日本の作曲家でありテクノミュージシャン、DJの横田進さんの楽曲を参考にするよう依頼したとのこと。日本の影響を受けたサウンドにも期待が高まります。

これまでのバンクシー映画もおさらいしよう

バンクシーに関連した映画作品は、実は他にも!映画公開を控えたこの機会に過去のドキュメンタリー映画も観てみては。

『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』

バンクシー自身が監督を務めた作品。アカデミー賞長編部門にもノミネートされ、話題となりました。
バンクシーとの接触に成功した映像作家のティエリーですが、バンクシーにカメラを奪われると個展を開くまでのアーティストに仕立て上げられていき・・・。

『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』

2013年10月1日、毎日1点ニューヨーク各地の路上に作品を残していくという大規模な展覧会を開催しました。すると作品を求め、SNSとニューヨークを駆け回る「宝探し競争」が勃発!バンクシーがニューヨークをハックした1ヶ月を追うドキュメンタリー作品です。

まとめ

グラフティアートと大衆社会は、これまでどのような関係を築いてきたのでしょうか?また、バンクシーのまだ見ぬ一面とは?過去の映像作品もチェックして、ぜひ劇場に足を運んでみてください。

映画を観る前にバンクシーをもっと知りたいという方はこちら!
▼バンクシー(Banksy)の魅力とは?経歴や代表作、作品を通して伝えたいメッセージを紹介
https://irohani.art/study/10006/

映画『バンクシー 抗うものたちのアート革命』

5月19日(金)劇場公開スタート
ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋、アップリンク吉祥寺ほか
原題:Banksy and the Rise of Outlaw Art
製作年:2020年/UK/113分/言語:英語/DCP/5.1ch/ビスタ/映倫:G区分
監督・脚本・編集:エリオ・エスパーニャ
ナレーション:マーク・ホルゲート  音楽:ピート・ウェイツ
出演:バンクシー、ジョン・ネーション、フェリックスFLXブラウン、スティーブ・ラザリデス、ベン・エイン
©︎ Spiritlevel Cinema Ltd.
提供:TOMOKA LTD, FATHBES / TRIBE / F.A.I
配給:one’s +配給協力:マウンテンゲートプロダクション
宣伝:中道真記子/戸梶美雪

【写真1枚】【日本初】バンクシーのドキュメンタリー映画が2023.5.19(金)に公開! を詳しく見る
イロハニアート編集部

イロハニアート編集部

  • twitter
  • facebook

アートをもっと自由に、もっとたくさんの人に楽しんでもらいたいという想いから生まれたメディア。日々、アートのイロハが分かるコンテンツを配信しています。アイコンは「イロハニくん」。アートのそばに、ひっそりと棲んでいます。

アートをもっと自由に、もっとたくさんの人に楽しんでもらいたいという想いから生まれたメディア。日々、アートのイロハが分かるコンテンツを配信しています。アイコンは「イロハニくん」。アートのそばに、ひっそりと棲んでいます。

イロハニアート編集部さんの記事一覧はこちら