Facebook Twitter Instagram

NEWS

2021.6.30

ひまわりの種でゴッホに変身!? 名画になりきるハッシュタグ「#gettychallenge」

おこもり美術鑑賞にはもってこい。

カリフォルニア州ロサンゼルスにある美術館『J・ポール・ゲティ美術館(Getty Museum)』が昨年3月に提案したSNS企画「Getty Museum Challenge」をご存知でしょうか。「Getty Museum Challenge」とは、家の周りにあるものを使って好きな芸術作品を再現し、それをSNSに投稿するというもの。

https://twitter.com/GettyMuseum/status/1242845952974544896

ステイホーム期間に生まれたこの企画のハッシュタグ「#gettychallenge」では、1年以上たった今も多くの人が自信作を投稿し続けています。今回は名画を完璧に再現したものからクスっと笑えるおもしろ作品まで、4つの投稿をピックアップしてご紹介します。

1.キセルはプラスティックスプーンで再現!アイデア自撮り

<元ネタ名画の作品情報>
作品名:ドロンニングクリスティーナとパラッツォコルシーニ
作者:クリスチャン・サートマン(Kristian Zahrtmann)

フォトショップを使わずに名画になりきる自撮り投稿。細部まで凝ったコスチュームの再現度は圧巻。プラスティックスプーンをくわえて口元の西洋煙草、キセルを表現しているところがチャーミングですよね。

2.己を油絵にする技法とは?ゴッホ自画像やってみた投稿

<元ネタ名画の作品情報>
作品名:自画像
作者:フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)

こちらもフォトショップを使わずに、体を張って己を着色!? なんと、ひまわりの種を用いてゴッホの油絵のタッチを再現しています。メイキング動画にも注目です。

3.ヘアスタイルにも凝ってる!バービー人形を名画モデルに

<元ネタ名画の作品情報>
作品名:マタニティ
作者:ポール・セザール・エリュー(Paul César Helleu)

ポール・セザール・エリューが描く、パステル画女性の実写版といったところでしょうか。バービー人形を幻想的な雰囲気でパチリ。赤ちゃんの人形はニットでぐるぐるしておくるみを表現しています。

4.身近すぎるアイテム使いに脱帽する「睡蓮」

<元ネタ名画の作品情報>
作品名:睡蓮
作者:クロード・モネ(Claude Monet)

印象派を代表するフランスの画家クロード・モネの作品「睡蓮」。バスタオルやスポンジといった身近すぎるアイテムを使って、独特の色彩感覚を表現。SNS上でも「これ、大好きです!」とのコメントも。


似ている? それとも似ていない?

なかなかお出かけもままならない昨今、美術館もご無沙汰という人も多いのでは。ハッシュタグ「#gettychallenge」で投稿されたおもしろ作品でアートに親しんでみてはいかが。

エリーニ(erini)

エリーニ(erini)

  • homepage

踊って漫画を読んでいるのが至福のとき。時折お絵描き。ウェブニュース媒体で記者をしています。
好きなアート作家は中島千波、ノーマン・ロックウェル、メアリー・ブレア等。

踊って漫画を読んでいるのが至福のとき。時折お絵描き。ウェブニュース媒体で記者をしています。
好きなアート作家は中島千波、ノーマン・ロックウェル、メアリー・ブレア等。