Facebook X Instagram Youtube

STUDY

2023.11.22

【XSpaceArtTalk】Marina Rheingantz(マリーナ・ラインガンツ, 1983-)2023年11月08日放送分

XSpaceArtTalkは、X(旧Twitter)のスペース機能内で私現代美術家のMasakiHaginoを語り手として、東京美術館巡り(@tokyoartmuseum)さんと世界中の現代アーティストを紹介、解説する第2第4水曜日21時より開催している1時間番組です。

アーカイブはそのままTwitter上でも聞くことができますし、Podcast「ArtTalk-アートトーク-」の方でもアップ予定です。この記事では、番組内で挙げる画像や、情報の物置場としてまずは公開しています。

2023年11月08日は、Marina Rheingantzを紹介しました。Xアカウントをお持ちでない方も下記URLから直接聞くことができます。本記事と合わせてご拝聴ください。
X(旧Twitter):Masaki Hagino

Marina Rheingantz 1983-

サンパウロを拠点とするアーティスト、マリーナ・ラインガンツの初の個展が英国で開催され、ギャラリーとのデビューが10月10日にロンドンのホワイトキューブ・メイソンズ・ヤードで行われました。この展示はFrieze Londonと同時開催となります。


ラインガンツは1983年にブラジルの田舎、アララクアラで生まれ、サンパウロのFundação Armando Alvares Penteadoで美術修士号を取得しました。彼女の作品は風景画のジャンルを拡張し、ラテンアメリカの社会関係、産業化、壮大な自然界に固有の二重性を具現化しています。


ラインガンツは絵画やタペストリーを含むさまざまな媒体を使用し、海崖、水域、山岳地帯、乾燥した荒地のあいまいなイメージを喚起します。時折、空中の視点を採用する彼女の作品は、幾何学的な反復、都市の詳細、そして断固とした自然の地形の相互作用に特徴があります。


家族の農場で田舎で育ったラインガンツは、サンパウロを訪れ、建設現場を見学し、国の東南部地域の風景を研究することがよくありました。

彼女は「絵を描き始めたとき、私の制作は私が育った風景と非常に関連していました。私は野生と自由な感覚に結びついていると感じました」と回想しています。彼女の最近の作品は、記憶と自身の写真を活用し、"見られ、感じられ、覚えられた"場所の詩的な提案を表現しています。


ラインガンツの作品は、ポルトガルのポルトのSerralves美術館、東京の田口アート・コレクション、サンパウロのピナコテカ、リオデジャネイロのMAM Rioなど、国際的なコレクションで保持されています。


このアーティストはホワイトキューブ、フォルテス・ダロイア&ガブリエル、ボルトラミ・ギャラリー、ゼノXギャラリーによって代表されています。
Marina Rheingantz joins White Cube
Marina Rheingantz Schmetterlinge im bauch
2023

1983年にブラジルの田舎、アララクアラで生まれ、家族が農場を所有していたマリーナ・ラインガンツは、子供の頃にサンパウロを横断し、建設現場を訪れ、ブラジルの東南部地域の自然風景を研究しました。


アーティストは「絵を描き始めたとき、私の制作は私が育った風景と非常に関連していました。私は野生と自由な感覚に結びついていると感じました」と回想しています。

後に、ラインガンツの作品は、幼少時の特定の風景に向けられることは少なくなり、彼女は遠くの場所からの参照点を発展させましたが、田舎の状況は引き続き中心的な要素でした。彼女の絵は、実際の場所と想像上の場所の断片化された記憶を組み込んでいます。

このように、ラインガンツの断片または詳細は、全体の構成に不可欠な関連性を持ち、曖昧で一時的な場所の本質に貢献し、ぼんやりとした理解や新たな出現の状態で保持されています。
Marina Rheingantz Artworks
上記リンクの、下記4枚の作品に関する解説です。
• 《Treino, 2014》 26枚目
• 《Todo mar tem um rio, 2018》12枚目
• 《Terra Líquida, 2016》20枚目
• 《Veludo, 2014》 24枚目
明確な水平線や透視の参照点がないため、ラインガンツの絵は変容性を持っています。彼女の絵はしばしば、散在する形の曖昧な星座のように見え、空中に浮かんでいるかのようで、視界から消えそうです。


遠くから見ると、それらは観る者を包み込む大気全体を示し、海崖、山岳地帯、乾燥した訓練場(Treino, 2014)、または果てしない水域(Todo mar tem um rio, 2018)のイメージを喚起します。

たとえば、Terra Líquida(2016)の場合、これらの要素が組み合わさり、青の多彩な色合いが移り変わる、まるで水に浸ったかのような広がりを構成し、支流に分岐します。この湿地の環境は、放置された馬術訓練場の設定を示し、そのハードルが倒れ、障害物が崩れ落ちた場面を微細に描写しており、同時にそのシーン自体は変化する要素に晒されています。


ラインガンツの絵は、観察を報いる一方で、しばしば絵の具の物理性に屈し、厚塗りと断続的な筆使いの重ね塗りが画像の象徴性を生の物質に溶かし込んでいます。


抽象化に向かう一方、Zebra(2017)やVeludo(2014)では、半抽象の格子、柵、または穴の開いた鱗を示唆する幾何学的な構成が重なり、前景、背景、およびその間を通過するものの微妙な違いを示しています。

これらの作品では、キャンバスに密集したプリズムが配置され、ラインガンツの風景を占めるさまざまなネットワークと散在する崩壊した形態を示唆しています。例えば、Vavale(2020)では、アーティストは中央の区分で幾何学的なパターンを覆う青の洗い出しを行い、小さな絵の具の積み重ねが集積した生命を示唆し、小さな符号要素は、この超自然の地面内でのエネルギーの新興の図式化を示唆しています。


この青い洗い出しの後、家、木、茂みは消え、この青い洗い出しの後に浸かっており、現在の気候危機で起こっている要素と驚くほど似た不気味な似顔を描写しています。


幾何学的な反復、都市の詳細、そして堅固な自然地形の相互作用を通じて、ラインガンツの未来的なビジョンは、ラテンアメリカの社会関係、産業化、壮大な自然界に固有の二重性を具現化しており、絵画プロセスだけでなく、広範な文化、政治、生態系の変動を動きの一部として表現しています。


日本ではTaguchi Fine Art Collection、日動画廊でも取り扱いがあったようです。また2019年にはTaguchi Fine Art Collectionの展示が北海道立釧路芸術館でも。下のページでは岐阜県美術館 学芸員 西山恒彦さんの文章があります。


『道や樹木や屋根のようなものとしてそれぞれ認識させるいくつかの対象が、間隔を空けてキャンバスの上に散らばっている。画面にある肌理の質感は、抑制された色調の中で相互作用をもたらしており、記憶の中にある断片的なイメージと呼応して、そこから想像される何処でもない場所を私たちに想起させてくれる。彼女は、一方で、周囲と異なる色による着色や、その明るい色調のための小さな筆遣いをキャンバス上に点在させる。他方で、対照的な色で水平に筆を運んで塗られた縁、さらには大胆な塗り残しや単調な色面によって、色同士の相互関係に特別な注意を向けさせる。そうすることでキャンバスは、茫漠とした平面になると同時に、遥か奥行きを持った空間にもなる。』

―岐阜県美術館 学芸員 西山恒彦 Marina Rheingantz | マリーナ・ラインガンツ | Taguchi Art Collection


Masaki Hagino
Contemporary painting artist based and work in Germany and Japan .
https://linktr.ee/masakihagino

Web : https//masakihagino.com
Instagram : @masakihagino_art
twitter : @masakihaginoart
Podcast : ART TALK Podcast
Discord : ART TALK Community
Opensea : @MasakiHagino

【写真0枚】【XSpaceArtTalk】Marina Rheingantz(マリーナ・ラインガンツ, 1983-)2023年11月08日放送分 を詳しく見る
Masaki Hagino

Masaki Hagino

  • instagram
  • twitter
  • note
  • homepage

Contemporary Artist / 現代美術家。 Diploma(MA) at Burg Giebichenstein University of Arts Halle(2019、ドイツ)現在は日本とドイツを中心に世界中で活動を行う。

Contemporary Artist / 現代美術家。 Diploma(MA) at Burg Giebichenstein University of Arts Halle(2019、ドイツ)現在は日本とドイツを中心に世界中で活動を行う。

Masaki Haginoさんの記事一覧はこちら