Facebook Twitter Instagram

STUDY

2024.2.2

【モリナ・アル・カディリ】東京藝術大PhDを持つクウェート人芸術家を紹介!

Monira Al Quadiri
Monira Al Qadiri | Visual artist | Official website
モニラ・アル・カディリ(1983年セネガルのダカール生まれ)は、クウェート国籍のビジュアル・アーティストで、現在はベルリンを拠点に活動している。ビデオ、彫刻、インスタレーション・アート、パフォーマンスなど、様々なメディアを用いて作品を制作している。

彼女の作品は、ニューヨーク近代美術館やパリのパレ・ド・トーキョーなど、国際的に有名な美術館のグループ展でも展示されている。アル・カディリの作品に繰り返し登場するテーマは、ペトロステートとジェンダー・アイデンティティである。

petorostate(ペトロステート)とは:

「ペトロステート」とは、主に石油や他のエネルギー資源に大きく依存している国のことを指す。これらの国は、国内の経済や政治の大半を、エネルギー資源の生産や輸出に頼っているとされている。具体的には、石油や天然ガスが豊富に存在している国がこれに該当する。
ペトロステートは、石油価格の変動やエネルギー市場の変化に非常に敏感であり、その経済はこれらの資源の価格に大いに左右されることがある。一方で、エネルギー資源が豊富なため、外国との貿易において強力な交渉力を発揮することがある。ただし、資源に依存しすぎることで、経済の不安定性や他の産業の発展を妨げる可能性もある。中東の一部の国や、ロシア、ベネズエラなどが、ペトロステートとしてよく知られている。


2016年にはアムステルダムのRijksakademie van Beeldende Kunstenでレジデンスを開始した。彼女の作品を展示した場所には、ヒューストンのBlaffer Art Museum、Berlinische Gallerie、ミュンヘンのHaus der Kunst、Kunstverein Göttingen、ロンドンのGasworks、パリのPalais de Tokyo、ニューヨークのMoMA PS1などがある。
参照元: wikipedia

あいちトリエンナーレ2019へ参加

モニラ・アル・カディリは、16歳でクウェートから日本に留学し、東京藝術大学で博士号を取得した異色の経歴の持ち主。生まれ育った中東に関する鋭い洞察力と、幼い頃から抱いていた日本のアニメ文化への憧れを融合させ、映像やパフォーマンスを制作している。聖と俗、男と女、死者と生者、善と悪など、社会や宗教が分断してきた事象を融合させ、独特の哀愁とユーモアで境界を超える。


あいちトリエンナーレ2019での彼女の作品は、Wiener FestwochenとKunstenfestivaldesartsとの共同企画で、日本留学中に霊能者から40人の先祖の霊が自分に取り付いていると告げられた体験に由来する。

最後の安らぎを得られない40人の髭面の男たちが、なぜアル・カディリと人生を共にするのだろうか?それは、砂漠の遊牧民たちの血塗られた歴史と、彼らを消し去り忘却の彼方へと追いやる中東アラブの歴史に残された空白のせいなのだろうか?

アル・カディリは、ドイツの映像制作グループ、トランスフォーマやインドネシアのメタルバンド、セニャワなど、世界中から才能を集め、日本のアニメのイマジネーションとアラブ世界に対するアーティストの鋭い洞察力を融合させたスリリングなパフォーマンスを披露する。

引用元:あいちトリエンナーレ

あいちトリエンナーレ2019で発表したパフォーマンス映像作品
《Phantom beard》※動画はスイスでの発表のもの

石油とクウェートの関係を描いた:「Diver」(2018年)

Monira Al Qadiri | Visual artist | Official website
この作品は、クウェートにおける石油以前と以後の世界の歴史的な結びつきを探求し続けている作家の活動の一環である。虹色に輝く頭からつま先までのボディスーツ、ゴーグル、フルメイクを身につけ、真珠を潜る伝統的な歌の初期録音に合わせて振り付けを披露する4人のシンクロナイズドスイマーの動きを捉えたものである。


"I think that, in the Gulf especially, we're in this endless loop of knowing the reality of oil and that it's not going to last, but that the wealth it brings is always feeding this illusion of being grand and important and powerful."(特に湾岸諸国では、石油の現実を知り、それが長続きしないことを知りながら、石油がもたらす富が、壮大で重要で力強いものであるという幻想を常に煽るという無限ループに陥っているように思う。)
―Monira Al Quadiri

引用元:Monira Al Qadiri Dives Deep Into Oil

長い日本留学から帰国

長い日本での生活について、モニラはこう語ります。


日本はとても面白かった。10年間、私は本当に無理をして日本を愛していた。でも、10年も経つと、日本社会の闇の部分や、超資本主義的な文化も見えてくる。それはとても厳しいことだった。

非民主的な君主制国家出身の私でも、医療や学校が保証されているクウェートでは、より良い社会的流動性があると感じた。日本では、会社生活に完全に服従し、その外に存在すると、よほどの成功者でない限り社会に受け入れられないという、とても残酷な現実がありました。特に若い新進アーティストにとっては居づらい場所だったので、私は離れることを決意し、2010年の「アラブの春」の直前にクウェートに戻ってきました。
----
日本からクウェートに戻ってきたとき、私はすでに異星人のように感じていました。日本にもクウェートにも居場所がない。どこにも居場所がないんだ。僕はミュータントなんだ。

だから、自分の祖先とつながる方法を見つけようと思ったんだ。日本では先祖崇拝がとても重要だからだ。アラブでは、そのような概念は存在しなかった。私はそのことをよく考えるようになった。私の祖父は誰なのか?私の曽祖父は誰なのか?そういう疑問が出てきた。

私の祖父、つまり私の父の父であるイッサ・アル・カディリは、真珠を潜る船の歌手だった。半年間海に出て、ダイバーたちのために労働音楽を歌うこの男の話を、私は幼い頃から聞いてきた。とても大変な仕事だったから、ダイバーが続けられるように、彼は歌って楽しませなければならなかった。

私にとって、これらの物語はすべて、誰かが作り上げたフィクションのように感じられた。私の人生とはかけ離れたものだった。だから私は、美学的で形式的な方法であっても、彼と自分を結びつける根本的な方法を見つけようとし始めた。彼は私が生まれる前に亡くなったので、私は彼と交流したことがない。
―Monira Al Quadiri

Monira Al Qadiri Dives Deep Into Oil

モニラ・アル・カディルの作品紹介

彼女の作品をいくつか紹介します。

Amorphous Solid Ghost (2017)

Monira Al Qadiri | Amorphous Solid Ghost (2017)

この作品は、虹色に輝くムラーノガラスで作られた一連のオイル・ドリル・ヘッドで構成されている。アモルファス・ソリッド」というタイトルは、凍った液体の砂の科学的名称(ガラスが作られる実際の材料)からヒントを得ている。

ここでは、その意味が、常に変化し続ける富の生産とエネルギー生成の方法、そして両者が築き上げた文化的遺産と混同されている。この作品は、化石燃料がエネルギー源として間もなく時代遅れになるという予感を呼び起こし、石油掘削を太古からの不可解な人間の営みとして先制的に位置づけようとしている。
―Monira Al Qadiri


Wonder

Monira Al Qadiri | Wonder

真珠の虹色の輝きは、人類の歴史の中で常に人々を魅了してきた。文化によって、真珠は純潔や知恵から悲しみの涙としての意味まで、さまざまな現象や状態を象徴している。アラビア湾での真珠漁や真珠の取引は数千年前にさかのぼるが、石油経済の出現とともに姿を消した。

真珠ダイバーの時代と化石燃料の時代という一見かけ離れたものを融合させようと、アル・カディリはこの一連の作品で石油産業の内部機構を観察し、視覚的・美学的なつながりを見出そうとしている。日本の真珠彫刻家と共同で、作家は天然の真珠からオイルドリルの頭を彫らせ、水族館の人工的な水景の中に展示した。
―Monira Al Qadiri

******
XSpaceArtTalkは、X(旧Twitter)のスペース機能内で現代美術家のMasakiHaginoを語り手として、東京美術館巡り(@tokyoartmuseum)さんと世界中の現代アーティストを紹介、解説する第2第4水曜日21時より開催している1時間番組です。

アーカイブはそのままTwitter上でも聞くことができますしPodcast「ArtTalk-アートトーク-」の方でもアップ予定です。

Masaki Hagino
Contemporary painting artist based and work in Germany and Japan.

Web : https//masakihagino.com
Instagram : @masakihagino_art
twitter : @masakihaginoart
Podcast : ART TALK Podcast
Discord : ART TALK Community
Opensea : @MasakiHagino

【写真0枚】【モリナ・アル・カディリ】東京藝術大PhDを持つクウェート人芸術家を紹介! を詳しく見る
Masaki Hagino

Masaki Hagino

  • instagram
  • twitter
  • note
  • homepage

Contemporary Artist / 現代美術家。 Diploma(MA) at Burg Giebichenstein University of Arts Halle(2019、ドイツ)現在は日本とドイツを中心に世界中で活動を行う。

Contemporary Artist / 現代美術家。 Diploma(MA) at Burg Giebichenstein University of Arts Halle(2019、ドイツ)現在は日本とドイツを中心に世界中で活動を行う。

Masaki Haginoさんの記事一覧はこちら