Facebook Twitter Instagram

EVENT

2024.4.30

滋賀県立美術館開館40周年記念「つくる冒険 日本のアール・ブリュット45人―たとえば、「も」を何百回と書く。」を開催

滋賀県立美術館(滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1)では、「つくる冒険 日本のアール・ブリュット45人 ―たとえば、「も」を何百回と書く。」を2024年4月20日(土)より6月23日(日)まで開催します。

齋藤 裕一《ドラえもん》2003~2006年 滋賀県立美術館蔵 撮影:大西暢夫 写真提供:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

アール・ブリュットを収集方針に掲げる、国内唯一の公立美術館である滋賀県立美術館。2023年に日本財団より受贈した、45人の日本のアール・ブリュットのつくり手による作品約450点を展示します。

ひらめきやこだわりを形にする、アール・ブリュットの世界

舛次崇《ペンチとドライバーとノコギリとパンチ》2006年 滋賀県立美術館蔵 撮影:大西暢夫 写真提供:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

日本語では、「生(なま)の芸術」と訳されてきたアール・ブリュット。1940年代、フランスの画家、ジャン・デュビュッフェが、精神障害者や独学のつくり手などの作品に心を打たれ、提唱した美術の概念です。

たとえば、「も」を何百回と書いたり、他人には読めない文字で毎日同じ内容の日記を記したり、寝る間を惜しんで記号を描き続けたり――冴えたひらめきや、ひたむきなこだわりを形にするため、出どころの謎めいた発想と熱量をもって挑む、そんな冒険的な創作との出会いをお楽しみください。

45人の作品が滋賀県立美術館に収蔵されるまで

佐々木早苗《無題》2007〜2008年 滋賀県立美術館蔵 撮影:大西暢夫 写真提供:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

本展に出品される45人の作品は、「アール・ブリュット・ジャポネ」展に出展された後、日本財団により所蔵されていたものです。

「アール・ブリュット・ジャポネ(邦訳:日本のアール・ブリュット)」展は、2010年にフランス・パリのアル・サン・ピエール美術館で開催されました。滋賀を含む全国各地でその才能を見出された、障害のある人や独学のつくり手たちの作品が、日本のアール・ブリュットとして紹介された展覧会です。

会期後は日本に戻ってきた作品群による巡回展が国内各地で開催され、逆輸入的に日本でもアール・ブリュットが注目を集めるきっかけとなりました。

展覧会の見どころ

富塚純光《青い山脈物語8おっかけられたの巻》2001年 滋賀県立美術館蔵 撮影:大西暢夫 写真提供:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

本展では、国内外で好評を博した「アール・ブリュット・ジャポネ」展の出品作をお披露目します。日本のアール・ブリュット界のレジェンドともいえるつくり手の作品が、一堂に会する機会です。

また、2023年に日本財団から寄贈(※1)を受けたアール・ブリュット作品のコレクションを初めて公開します(※2)。

※1)寄託を含む
※2)会期中展示替えなし

他には、出展者たちの制作風景を捉えた映像の公開、出展者の一人である富塚純光(とみづかよしみつ)による公開制作、出展者の表現を追体験できるようなワークショップコーナーなど、多彩な企画を予定しています。

館内ではおしゃべりしながら過ごせるため、小さなお子さんがいる、障害があるなど、様々な理由で来館を迷っている方も安心してご鑑賞いただけます。

また、目が見えない、見えづらいなどの理由でサポートをご希望される場合や、そのほかご来館にあたっての不安をあらかじめお伝えいただいた際には、事前の情報提供や当日のサポートのご希望に、可能な範囲で対応します。

展示構成

石野敬祐《女の子》2009年 滋賀県立美術館蔵 撮影:大西暢夫 写真提供:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

1.色と形をおいかけて

色と形、それはなにかをつくるとき、大切な要素です。本展の作品のなかにも、色と形をめぐる様々な試みをみることができます。その中には、つくり手のひらめきや、気の迷い、動かす手の喜びなどが透けて見えてくることでしょう。

つくり手:松本寛庸、村田清司、伊藤喜彦、畑中亜未、舛次崇、藤野公一、木村茜、鎌江一美、大梶公子、平瀬敏裕、八重樫道代
※つくり手の順番は展示順に準じます(以下同様)。

2.繰り返しのたび

自分の名前、お母さんの肖像、同じ内容の日記などなど……ここでは、繰り返しを中心とした作品を紹介します。一つのことにこだわる執念にも、やすらぎを求める行動のようでもある「繰り返し」とは、どのような意味を持つ営みなのでしょうか。

つくり手:伊藤峰尾、吉川秀昭、芝田貴子、滋賀俊彦、橘高博枝、戸來貴規、齋藤裕一、上田志保、佐々木早苗

3.冒険にでる理由

ここでは、つくり手たち自身を捉えた映像をご覧いただきます。映像を通し、つくり手たちの、生きることとつくることの分かちがたい結びつきについて、その一端を、感じ取っていただけることでしょう。

つくり手:木村茜、伊藤峰尾、佐々木早苗、石野敬祐

4.社会の密林へ

路上に落ちていたモノを拾い集めてつくったオブジェや、独特に着飾った派手な服装で町中を行くパフォーマンス、また自分の知る人々の顔、関心のある乗り物の精巧な再現など、ここでは、社会との交わりを感じさせる作品を展示します。

つくり手:八島孝一、宮間英次郎、上里浩也、高橋和彦、西本政敏、平岡伸太、水谷伸郎、平野信治、狩俣明宏、大久保寿、吉澤健、畑名祐孝、石野敬祐

5.心の最果てへ

激しい感情を表明したり、やすらぎを求めたり、過去の記憶を掘り起こしたり、我を忘れてなにかに没頭したり、ここでご覧いただく作品からは、そういった心の動きを感じ取ることができるでしょう。

つくり手:秦野良夫、木伏大助、内山智昭、木本博俊、松田僚馬、富塚純光、岩崎司、小幡正雄、山崎健一、高橋重美、土屋正彦、澤田真一

土屋正彦《(宇宙の父)スペース・ゴッドファーザー》2004〜2009年頃 滋賀県立美術館蔵 撮影:大西暢夫 写真提供:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

開催概要

滋賀県立美術館

会期 2024年4月20日(土)〜2024年6月23日(日)
会場 滋賀県立美術館
住所 520-2122 滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1
展示室 滋賀県立美術館 展示室3
時間 9:30~17:00(入場は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(ただし休日の場合には開館し、翌日火曜日休館)
観覧料
一般950円(800円)
高校生・大学生600円(500円)
小学生・中学生400円(300円)
※お支払いは現金のみ
※( )内は20名以上の団体料金
※企画展のチケットで展示室1・2で同時開催している常設展も無料で観覧可
※未就学児は無料
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方は無料
TEL 077-543-2111
URL 滋賀県立美術館 ウェブサイト
SNS
滋賀県立美術館 公式X
滋賀県立美術館 公式Instagram

主催 滋賀県立美術館、京都新聞
特別協力 一般財団法人日本財団DIVERSITY IN THE ARTS
出展者 石野敬祐、伊藤峰尾、伊藤喜彦、岩崎司、上里浩也、上田志保、内山智昭、大梶公子、大久保寿、小幡正雄、鎌江一美、狩俣明宏、橘高博枝、木伏大助、木村茜、木本博俊、齋藤裕一、佐々木早苗、澤田真一、滋賀俊彦、芝田貴子、舛次崇、高橋和彦、高橋重美、土屋正彦、富塚純光、西本政敏、畑名祐孝、畑中亜未、秦野良夫、平岡伸太、平瀬敏裕、平野信治、藤野公一、戸來貴規、松田僚馬、松本寛庸、水谷伸郎、宮間英次郎、村田清司、八重樫道代、八島孝一、山崎健一、吉川秀昭、吉澤健(五十音順)

【写真7枚】滋賀県立美術館開館40周年記念「つくる冒険 日本のアール・ブリュット45人―たとえば、「も」を何百回と書く。」を開催 を詳しく見る
さつま瑠璃

さつま瑠璃

  • twitter

文筆家・作家。文化芸術を専門に取材執筆を行い、アートと社会について探究する書き手。SNSでも情報を発信する他、さつまがゆく Official Podcastでは取材執筆にまつわるトークを配信中。

文筆家・作家。文化芸術を専門に取材執筆を行い、アートと社会について探究する書き手。SNSでも情報を発信する他、さつまがゆく Official Podcastでは取材執筆にまつわるトークを配信中。

さつま瑠璃さんの記事一覧はこちら