Facebook X Instagram Youtube

EVENT

2024.4.3

世界的な風景写真家、マイケル・ケンナが写した日本の景色。代官山ヒルサイドフォーラムにて個展が開催!

世界中で50年以上にわたり写真を撮り続ける風景写真家のマイケル・ケンナ。モノクロームの静謐で深い抒情を湛える風景写真で世界的に人気を集めていて、ロンドンのビクトリア&アルバート博物館、サンフランシスコ近代美術館など、世界100以上の美術館に作品が所蔵されています。

Hyomon, Study 1, Kussharo Lake, Hokkaido 2020 ©Michael Kenna

そのマイケル・ケンナの展覧会、『JAPAN / A Love Story 100 Photographs by Michael Kenna』が4月17日より代官山ヒルサイドフォーラムにてスタート。東京を皮切りに、ロサンゼルス、ロンドンの3カ国で順次開催予定の国際巡回展です。

シアトルに在住して活動を続けるケンナ。初来日以後、ほぼ毎年日本を訪れて風景を撮影。

Michael Kenna ©Tsuyoshi Kato

まずマイケル・ケンナの簡単なプロフィールについてご紹介しましょう。1953年、イギリスのランカシャーに生まれたケンナは、ロンドン・カレッジ・オブ・プリンティングを卒業。以後は米西海岸に拠点を置くと、現在はシアトルに在住して活動を続けています。2022年にはフランス政府から、長年の文化的な貢献により芸術文化勲章「オフィシエ」を授与されました。

Dancing Trees, Kussharo Lake, Hokkaido 2020 ©Michael Kenna

デジタルカメラを使わず、モノクロフィルムによって切り取られる構図は独特の緊張感をたたえ、ケンナ自らの手によるプリントテクニックが生み出す神秘的とも言える世界観は、写真ファンだけでなく、プロの写真家をも魅了してきました。

Red Crown Crane Feeding, Tsurui, Hokkaido 2005 ©Michael Kenna

1987年の初来日以後、ケンナはほぼ毎年日本を訪れ、北海道、京都、四国など各地を精力的に撮影しています。2018〜19年には日本における初の回顧展『45Years Odessey』展を、東京都写真美術館にて開催しました。

日本で撮影した未公開・新作を含め、約100点の作品を公開!

Sadakichi's Docks, Otaru, Hokkaido 2012 ©Michael Kenna

「JAPAN / A Love Story 100 Photographs by Michael Kenna」にて公開されるのは、ケンナが初来日した1987年から日本で撮影した未公開・新作を含む、約100点の作品です。オリジナルのゼラチン・シルバー・プリントはケンナ自らがプリントしたもの。北海道、京都、奈良、鎌倉、四国などの全国各地の風景写真は、ケンナの日本へのラブストーリーとも呼べます。

Chikui Cape Trees, Muroran, Hokkaido 2002 ©Michael Kenna

日本に対する徹底した探求とイメージの表現は、ケンナの最も著名で優れた作品のひとつとして位置付けられます。ケンナは初めて日本を訪ねた時の印象を以下のように語りました。

「その美学、精神的かつ宗教的な側面、人々の好奇心や親しみやすさ、寛大さに衝撃を受けました。その後、真冬の北海道北部を訪れましたが、私にとってそれは冷厳な水墨画、漢字が記された純白のキャンバスのように見えました。それ以来、この場所を愛してやまないのです」

「魅惑的で神秘的な日本」。ケンナが本展に寄せたメッセージとは?

Field of Sticks, Kamikawa, Hokkaido 2023 ©Michael Kenna

本展は、ロサンゼルスのピーター・フェッターマン・ギャラリーの企画によるスペシャルな展覧会です。展覧会カタログはアートディレクターの田口英之がデザイン。そしてアート写真で知られるナツラエリ・プレスが出版し、フランスの映像作家リシャール・ボネによる、ケンナの日本での活動を捉えたユニークな映像も上映されます。

Snow Fence, Shosanbetsu, Hokkaido 2004 ©Michael Kenna

最後にケンナが本展に寄せたメッセージ(訳)をご紹介します。

「JAPAN – A Love Story」。ついに夢がかなったと感慨深い。この写真展、それに付随する写真集は、日本への僕の個人的な敬意、魅惑的で神秘的な日本という国への計り知れない、尽きることのない賞賛と深い感謝を表 現したものだと思っている。日本には贈り物をやりとりするという豊かな伝統がありますね。僕はずっと受け取る一方 で、いつも同じだけのものを返していないと感じていた。この写真展がお返ししたいという僕の気持ちの“表れ”と思って もらえたらうれしい。この展覧会にきてくださった方を皆、喜んでお迎えしたいです。そして、こんなすばらしいできごとの 実現に尽力してくれたたくさんの人たちに、「ドウモアリガトウゴザイマス」と叫びたいです。

Winter Seascape, Wakkanai, Hokkaido 2004 ©Michael Kenna

美しい風景そのものだけでなく、時間の流れや光の移ろいまでを捉え、場所や土地の記憶を引き出すようなケンナの写真は、郷愁に誘われるような魅力が感じられるかもしれません。

ケンナが日本各地を旅して写真に紡いだモノクロームの叙事詩を、『JAPAN / A Love Story 100 Photographs by Michael Kenna』にて味わってください。

展覧会情報

『JAPAN / A Love Story 100 Photographs by Michael Kenna』 代官山ヒルサイドフォーラム
開催期間:2024年4月17日(水)〜5月5日(日)
所在地:東京都渋谷区猿楽町18-8
アクセス:東急東横線代官山駅より徒歩3分。
開館時間:11:00〜18:00
 ※最終日は17時閉館。入館は閉館の30分前まで。
会期中無休
観覧無料
公式サイト: JAPAN / A Love Story 100 Photographs by Michael Kenna

【写真9枚】世界的な風景写真家、マイケル・ケンナが写した日本の景色。代官山ヒルサイドフォーラムにて個展が開催! を詳しく見る
はろるど

はろるど

  • twitter
  • homepage

千葉県在住。美術ブログ「はろるど」管理人。主に都内の美術館や博物館に出かけては、日々、展覧会の感想をブログに書いています。過去に「いまトピ」や「楽活」などへ寄稿。雑誌「pen」オンラインのアートニュースの一部を担当しています。

千葉県在住。美術ブログ「はろるど」管理人。主に都内の美術館や博物館に出かけては、日々、展覧会の感想をブログに書いています。過去に「いまトピ」や「楽活」などへ寄稿。雑誌「pen」オンラインのアートニュースの一部を担当しています。

はろるどさんの記事一覧はこちら