Facebook Twitter Instagram

STUDY

2022.4.8

『グロテスク』って何?ルネサンスに流行した「エレガントな」装飾を解説

『グロテスク』と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?
多くの人は、暴力的で少し不気味なものを想像するかもしれません。
実は、この『グロテスク』という言葉は、ルネッサンス期に流行したある装飾を指している言葉なのです。
この記事では、ローマの大学院で美術史を学ぶ筆者が『グロテスク装飾』について解説します。

『グロテスク』の語源は『洞穴(グロット)』?

グロテスク』って何?ルネサンスに流行した「エレガントな」装飾を解説See page for author, Public domain, via Wikimedia Commons

昨今、『グロテスク』という言葉は暴力的な表現や、不気味なものを指すときに多く用いられています。
しかしこの言葉の語源はイタリア語の『Grotto(グロット)』という「洞穴」を指すことばから派生しています。
ルネッサンス芸術が花咲いた15世紀末には、古代芸術を伝統的なキリスト教芸術に取り入れようとする動きが加速していました。
そんな最中、ローマのコロッセオの近くで古代ローマの皇帝ネロの「黄金宮殿」が地底から発掘されました。
建築物として歴史的価値もさることながら、当時の芸術家たちと感嘆させたのは、黄金宮殿の壁に残された古代の絵画装飾でした。
『グロット(洞穴)』から発見されたことから、この装飾は『グロテスク』と呼ばれるようになりました。

グロテスクは古代ローマの装飾を指す

グロテスク』って何?ルネサンスに流行した「エレガントな」装飾を解説Livioandronico2013, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

人体や動物の身体や植物を複雑に組み合わせた装飾は、古代の「完成された」装飾の例として多くのルネッサンス芸術家に引用されました。
巨匠ラファエロも、そのうちの1人です。
装飾には、上半身のみが人間の身体をしていて、下半身は植物になっているなど、奇妙な生き物が多く用いられています。
人間以外にも、ライオンなどの動物、鳥など様々な生き物も含まれます。
その結果、「奇妙に変形させられた肉体」という意味だけが一人歩きし、現在のような『グロテスク』という言葉の意味が定着したのでしょう。
しかし実際のところは、現代の私たちが想像する言葉の意味とはほど遠い、繊細でエレガントな装飾なのです。

グロテスクを用いた作品の例

グロテスク』って何?ルネサンスに流行した「エレガントな」装飾を解説Joanbanjo, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

グロテスク装飾を用いたルネッサンスの作品は多く現存しています。
シエナ大聖堂に隣接している『ピッコロミーニ図書館』の装飾は、『グロテスク』という言葉が初めて登場した例となります。
ルネッサンスでは特に、建築の特性を活かして柱の上などにグロテスク装飾を施すことが多く、ヴィラや宮殿だけでなく教会内の装飾にも引用されました。
メインの作品としてグロテスクが全面的に描かれることもあれば、他の作品の周辺装飾として補佐的に登場することもあります。

美術史における『グロテスク』の意味に注意!

グロテスク』って何?ルネサンスに流行した「エレガントな」装飾を解説Akermariano, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

美術館や教会などで作品を鑑賞したり、美術に関する本を読んでいると『グロテスク』という言葉を目にすることがあるかもしれません。
その際には、この言葉は現在私たちが使っている意味ではなく、『古代ローマの装飾』を指しているかもしれないので注意が必要です。
繊細で上品なグロテスク装飾ですが、細部を見てみるとなかなか面白い生き物ばかりなので、チャンスがあればぜひディテールに注目してみてください。
以上、『グロテスク』の用語解説でした。

【写真4枚】『グロテスク』って何?ルネサンスに流行した「エレガントな」装飾を解説 を詳しく見る
はな

はな

イタリア・ローマの大学の美術史修士課程に在籍中。3年半勤めた日系メーカーを退職後、2019年から2年半のスペイン生活を経てフリーライター、日英・日西翻訳として活動するかたわら、スペイン語話者を対象に日本語を教えています。趣味は読書、一人旅、美術館・教会巡り、料理。

イタリア・ローマの大学の美術史修士課程に在籍中。3年半勤めた日系メーカーを退職後、2019年から2年半のスペイン生活を経てフリーライター、日英・日西翻訳として活動するかたわら、スペイン語話者を対象に日本語を教えています。趣味は読書、一人旅、美術館・教会巡り、料理。

はなさんの記事一覧はこちら