Facebook Twitter Instagram

EVENT

2023.12.26

水木しげる生誕 100周年記念「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展」が横浜・そごう美術館にて開催!

代表作である『ゲゲゲの鬼太郎』をはじめ多くの妖怪作品を生み出した漫画家、水木しげる(1922-2015)。水木しげる生誕 100周年記念「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~」がそごう美術館にて開催されます。
この記事では本展の見どころを紹介します!

漫画家であり妖怪研究家、水木しげるとは?

水木しげる©水木プロダクション

妖怪好きであれば誰もが影響を受けているといっても過言ではない漫画家、水木しげる。

漫画家だけでなく妖怪研究家でもある水木しげるは「妖怪」という言葉が広がるきっかけを作り、描いた日本の妖怪はなんと1,000点近くにのぼります。本展では【第1章 水木しげるの妖怪人生】にて、幼少期から一躍人気漫画家となった時代を通して、水木しげるが妖怪にこだわり続けた理由を探ります。

まさに百鬼夜行!横浜に水木しげるの妖怪が大集合「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展」

《一反木綿》©水木プロダクション

本展では水木しげるの妖怪画100点以上が一挙公開されます。

《がしゃどくろ》©水木プロダクション

ゲゲゲの鬼太郎で人気を博した《一反木綿》や、おどろおどろしい《がしゃどくろ》など、妖怪好きにはたまらない妖怪画の数々が大集合。

柳田國男『妖怪談義』 水木しげる蔵

神田の古書店街を頻繁に訪れていた水木しげる。【第2章 古書店妖怪探訪】では妖怪画を描く参考として収集した書籍や関連資料、妖怪文化人の系譜と著作などが展示されます。

《海坊主》©水木プロダクション

さらに、これまで開催されてきた水木しげる展の中でも初めてとなる試みとして妖怪画制作の具体的手法に注目し、「絵師たちからの継承」「様々な資料から創作」「文字情報から創作」の3つのパターンに分けて考察した【第3章 水木しげるの妖怪工房】にもご注目ください。

《あかなめ》©水木プロダクション

【第4章 水木しげるの百鬼夜行】では、「山」「水」「里」「家」それぞれに棲む妖怪ごとに妖怪画を展示し、水木しげるの妖怪画を心ゆくまでお楽しみいただけます。

「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展」では映像作品やARコーナー、曜日限定のお楽しみ企画も!

NHK Eテレ「てれび絵本」より本展用に特別編集された「水木しげるの妖怪えほん」、水木しげるが妖怪への思いを語ったインタビュー映像の他、妖怪カメラARを使用して隠れた妖怪を探し出し、出現した妖怪の写真撮影ができるコーナーも。

さらに、関連企画「水曜・木曜限定お楽しみ企画 水木スペシャル」として、会期中の水曜・木曜に入館すると、各日先着100名様に展覧会オリジナルとなる【妖怪カード】を会場受付にてプレゼントする企画も!※カードの種類は選べません。(全12種) ※おひとりさま各日1回1枚限り。 ※なくなり次第終了

見逃せない「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展」限定グッズ

公式図録をはじめとして、「妖怪ならべクッキー」や「アクリルジオラマ」など、展覧会限定グッズも充実。百鬼夜行感あふれるイラストが多彩なアイテムにて展開されています。

開催概要

©水木プロダクション

水木しげる生誕 100周年記念「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~」
会期 2024年1月20日(土)〜2024年3月10日(日)
会場 そごう美術館
住所 神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店 6階 Google Map
時間 午前10時~午後8時
*入館は閉館の30分前まで。
*そごう横浜店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
*障がい者手帳各種をお持ちの方、およびご同伴者1名さまは無料でご入館いただけます。
*前売券は、2023年11月15日(水)から2024年1月19日(金)まで、そごう美術館または 公式オンラインチケット、セブンチケット、ローソンチケット、イープラス、チケットぴあにてお取り扱いしております。
休館日 会期中無休
入館料 事前予約不要(税込) 一般 1,600(1,400)円、大学・高校生 1,400(1,200)円、中学生以下無料
*()内は、前売および以下をご提示の方の料金です。
[クラブ・オン/ミレニアムカード、クラブ・オン/ミレニアム アプリ]
TEL 045-465-5515
URL 【そごう美術館 公式サイト】水木しげる生誕 100 周年記念「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~」

【写真7枚】水木しげる生誕 100周年記念「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展」が横浜・そごう美術館にて開催! を詳しく見る
イロハニアート編集部

イロハニアート編集部

  • twitter
  • facebook

アートをもっと自由に、もっとたくさんの人に楽しんでもらいたいという想いから生まれたメディア。日々、アートのイロハが分かるコンテンツを配信しています。アイコンは「イロハニくん」。アートのそばに、ひっそりと棲んでいます。

アートをもっと自由に、もっとたくさんの人に楽しんでもらいたいという想いから生まれたメディア。日々、アートのイロハが分かるコンテンツを配信しています。アイコンは「イロハニくん」。アートのそばに、ひっそりと棲んでいます。

イロハニアート編集部さんの記事一覧はこちら