Facebook Twitter Instagram

EVENT

2021.11.25

りんごの香りに包まれながらヨシタケシンスケさんの絵本原画を鑑賞しよう! りんごづくしの「りんご狩りかもしれない展」

11 月 19 日(金)から 12 月5日(日)まで、渋谷 PARCO8 階にあるギャラリースペース「ほぼ日曜日」で、りんごをテーマとした「りんご狩りかもしれない展」が開催中です。

りんごをテーマとした「りんご狩りかもしれない展」

りんご狩り体験やりんごのお菓子やグッズ販売などりんごづくしの本イベントでは、ヨシタケシンスケさんの『りんごかもしれない』の絵本原画が一部展示されています。

ヨシタケシンスケさんとは?

ヨシタケシンスケさんは絵本作家でありイラストレーター。2013 年に出版した初の絵本『りんごかもしれない』が大ヒット。その後も独自の切り口の絵本を生み出し、ユーモア溢れる世界観とかわいい絵柄で子どもはもちろん大人からも絶大な支持を得ています。

『りんごかもしれない』の原画をじっくり鑑賞

『りんごかもしれない』展とは?

『りんごかもしれない』

テーブルに置いてあるリンゴを見た男の子が「これはリンゴじゃないのかもしれない」とどんどん想像をふくらませていくお話。
もしかしたら、大きなサクランボのいちぶかもしれない。兄弟がいるのかもしれない、心があるのかもしれない、実はなにかの卵かもしれない……
ひとつのりんごから果てしなく広がっていく想像のストーリーは面白く、また哲学的でもあり、子どもも大人も楽しめる作品です。

「りんご狩りかもしれない展」原本

普通の A4 のコピー用紙に描かれた原画は絵本よりも小さいサイズで、絵本にするときに拡大しているそうです。会場には実際の絵本もあるので見比べることもできますよ。

「りんご狩りかもしれない展」の原本

細かいところまで丁寧に描かれているイラストを近くでじっくり観ることができます。

「りんご狩りかもしれない展」りんごのフレームで飾られる原本

リンゴのフレームに飾られているのもかわいいです。

イベントのイラストと題字の原本(ヨシタケさん)

今回のイベントのイラストと題字もヨシタケさんによるもの。こちらの原画も飾られているのでお見逃しなく。

りんご狩りやりんごグッズも要チェック

「りんご狩りかもしれない」体験も楽しめる

青森と福島から届くりんごを、会場中央に立つ木から自分でもぎ取って収穫する「りんご狩りかもしれない」体験も楽しめます。

「りんご狩りかもしれない展」グッズ

「りんご狩りかもしれない展」グッズ

ヨシタケさんの絵本やファブリック、文具なども販売されています。

「りんご狩りかもしれない展」ヨシタケさんの絵本などの販売

「りんご狩りかもしれない展」りんごグッズ

りんごのかわいらしいグッズも充実。

「りんご狩りかもしれない展」グッズ(シードルやお菓子)

よりすぐりのりんごのお菓子やシードル、りんごのジュースも購入できます。

「りんご狩りかもしれない展」りんごキッチン

会場の一角には、りんごジュースとシードルを飲めるスタンドもありますよ。

展示もグッズも楽しめる本イベントは入場無料。期間が短いので気になる人は
お早めにお出かけください。

「りんご狩りかもしれない展」
開催期間:2021 年 11 月 19 日(金)〜2021 年 12 月 5 日(日)
所在地:〒150-8377 東京都渋谷区宇田川町15−1 渋谷 PARCO 8F
「ほぼ日曜日」
アクセス:各線渋谷駅ハチ公口から徒歩 5 分
開館時間: 11:00〜20:00
休館日:無休
料金:無料
※混雑時は入場整理券を配布する可能性があります

moca

moca

  • instagram

絵本やインスタレーションアート系の展示が好きなデザイナーです。趣味は街中の銅像探し。
藤子・F・不二雄先生を大尊敬しています。その他好きなアーティストはミヒャエル・ゾーヴァさん、馬場のぼるさん、三沢厚彦さんなど。

絵本やインスタレーションアート系の展示が好きなデザイナーです。趣味は街中の銅像探し。
藤子・F・不二雄先生を大尊敬しています。その他好きなアーティストはミヒャエル・ゾーヴァさん、馬場のぼるさん、三沢厚彦さんなど。