Facebook Twitter Instagram

STUDY

2021.8.23

ギャラリーってどんなところ?美術館との違いは?ギャラリー基礎知識

アート好きのみなさん、ギャラリーに行ったことはありますか? そもそもギャラリーとはどのような施設なのでしょうか。美術館となにが違うのか、実は知らない方も多いと思います。本記事ではギャラリーについて解説します。

ギャラリー基礎知識筆者撮影

ギャラリーとは?

ギャラリーとは美術品やアート作品を展示、販売をするスペースです。日本語では画廊(がろう)と言います。商業ギャラリーの多くは民間で運営されており、作品を販売することで運営資金を作っています。古美術から現代美術、絵画、写真、彫刻までさまざまなアート作品を取り扱うギャラリーが全国に存在します。

ギャラリーと美術館との違い

ギャラリー基本知識筆者撮影

① 入場料金

美術館と違い、ほとんどのギャラリーは入場料無料です。美術館は作品の販売を行わないため入場料が運営費用となります。

② 作品の販売

商業ギャラリーのことを「コマーシャルギャラリー」と呼び、アート作品の販売により収益を得て運営されています。販売している作品の値段はそれぞれのギャラリーによって大きく違います。1億を超える資産になるようなものを取り扱っているところもあれば、1万円以下で買える若手作家を取り扱っているところも。

一方、美術館は所有している作品や作家、所有者からの貸し出しによって展示を行い、販売はしません。美術館同士での貸し借りも行います。

③ ギャラリストと美術館職員

ギャラリーで働く人のことを”ギャラリスト”と言います。ギャラリストは特別な資格は必要ありませんが、キュレーション(展示の企画を考えたり、監修したりすること)やディーリング(作品の売買)を行うにあたり、美術やアーティストへの知識は必要になります。
美術館の場合、正規の職員は学芸員資格(国家資格)を持っている人が中心となっています。

ギャラリーの種類

ギャラリーにはいくつか種類があります。

【企画画廊】

キュレーターやディレクターが作品や作家を選んで展示、販売を行うギャラリーです。多くのギャラリーには契約を結んでいる「所属作家」がおり、所属している作家はギャラリーを通してアート作品を販売します。作家にとってギャラリーは企画や展示以外にも、作品の貸し出し、顧客への営業、販売、配送まで全ての手続きを行ってくれるパートナーとなります。

【貸し画廊】

スペースの貸し出し(レンタル)を行うギャラリーです。アーティスト自身が場所を借りて作品を発表するので、これからの活躍が期待できる若手の作家と出会えるチャンスがあります。

【セカンダリーギャラリー】

オークションなどで一度売り出された作品を買い付けて販売するギャラリーです。アートの市場で価値が高いものや、人気のある作家が取引されます。高値のものを取引するので、会員制の場合も多いです。アーティストが最初に作品を発表するギャラリーを「プライマリーギャラリー」と呼びます。

ギャラリーに行ってみよう!

ギャラリー基本知識筆者撮影

ギャラリーでは作品が販売されていますが、買わなくてももちろんOK。アート作品を生で見られる貴重な機会なので、気になるアーティストや展示があればギャラリーにぜひ足を運んでみてください。また、国内外のギャラリーが一同に集まるアートフェアの開催も行われているので、そこからお気に入りのギャラリーを探してみるのも良いかもしれません。

のじまありさ

のじまありさ

1988年北海道生まれボストン育ち。マサチューセッツ州美術大学卒業。ゲーム系制作会社、クリエイター就職支援サービス運営会社、写真画廊などを経てフリーランスとして活動中。趣味は深夜ラジオ。

1988年北海道生まれボストン育ち。マサチューセッツ州美術大学卒業。ゲーム系制作会社、クリエイター就職支援サービス運営会社、写真画廊などを経てフリーランスとして活動中。趣味は深夜ラジオ。